ATグループ事業継続基本方針

当社グループにおける『事業継続』は、大規模災害やその他何らかの理由により業務の遂行に支障が生じた場合に、『人命の保護』、『資産の保全』、『地域社会との連携』を基本方針として事業の継続を行います。
この方針実現のため、『事業継続』に向けた積極的な取り組みを維持管理し、必要に応じて改善を推進する体制を整えるとともに、被害軽減のための事前準備、被災時の組織体制、具体的な対応手順などを、グループ各社と連携を図りながら予め定めておくことを重視します。

人命の保護

お客さま、社員および家族、地域の皆さまの人命を優先します。
そのためには先ず、「自らの命・身体の安全」を守ります。

資産の保全

建物/商品/設備/情報などの経営資源を保全し、「事業継続体制を維持」します。
それにより、お客さまや地域社会への「支援体制を維持」します。

地域社会との連携

常に「共助」の意識を持ち、地域社会の一員として行動します。
積極的な人力や技術の提供により、「地域に貢献」します。

平成24年5月11日 制定

このページのトップへ